ドラマーの為のドラム総合情報サイト

ドラムストリート.net

drum

ドラマー

クリフトン・ジェームズ〜Clifton James〜

投稿日:2017年6月27日 更新日:

ボ・ディドリー・ビートのドラマー

クリフトン・ジェームズはボ・ディドリーのドラマーとして有名です。
後に多くのロックバンドに影響を与えたボ・ディドリーの曲はクリフトンのドラムによって支えられていました。
「ローリングストーン誌が選ぶ史上最も偉大な100人のドラマー」第30位

クリフトン・ジェームズのプロフィール

1936年10月2日〜2006年2月16日(満69歳没)
アメリカ イリノイ州 シカゴ出身
ジャンル:ロック、ブルース、

13人兄弟の一人として育ったクリフトン・ジェームズは、最初ブリキ缶や椅子をドラム代わりに叩いて遊んでいました。
クリフトンはマディ・ウォーターズバディ・ガイなど、生涯にわたり様々なミュージシャンと共演を果たしましたが、最大の功績はな何と言ってもボ・ディドリーのバックバンドでの活動です。

1954年から1970年まで16年間の間にレコーディングした、ボ・ディドリーの楽曲のほとんどでドラムを叩いています。
ボ・ディドリーの音楽はブルースとロックの架け橋といわれ、ローリングストーンズ、U2、エリック・クラプトンら多くのミュージシャンに影響を与えました。

クリフトン・ジェームズのプレイスタイル

クリフトンは「ボ・ディドリーを彼ほど満足させたドラマーは他にいなかった」と言われるほど信頼を勝ち取っていたドラマーです。
ジャングルビートとも呼ばれる有名な「ボ・ディドリー・ビート」の誕生にはクリフトン・ジェームズも大きく貢献しました。

バンド全体をドライブさせるクリフトンのドラミングは、ロックンロールという音楽に大きく寄与し貢献しました。
パワフルでシンプルに刻む正確なリズムは、後のロックドラマー達に大きく影響を与えています。

クリフトン・ジェームズの動画


有名な「ボ・ディドリー・ビート」です。


ジョン・リー・フッカーとの演奏です。


ボ・ディドリーのアルバム。様々な演奏を聴くことが出来ます。


>>次のロック系ドラマー➡︎『ジンジャー・ベイカー 〜最も危険なドラマー界のカリスマ〜』

>>全ドラマー一覧はこちら➡︎『ドラマー一覧』

スポンサー

スポンサーリンク

スポンサー

スポンサーリンク

-ドラマー
-

Copyright© ドラムストリート.net , 2017 All Rights Reserved.